瀬戸ありさ主演 人妻折檻

今回は、マドンナの「人妻折檻」シリーズから、瀬戸ありさ主演の作品(高橋浩一監督、2010年10月発売)を取り上げる。

「人妻折檻」シリーズは全部で3作品あるが、本作品はシリーズ中のベスト1と言える。

[ストーリー]

妻・ありさは、リストラされてしまった夫・真一の再就職先を探すため、かつての上司・伊藤に相談した。伊藤は、知り合いの社長を紹介し、夫には社長付きの運転手、ありさには社長の別荘の管理人の職を斡旋してくれた。

ある日、ありさは仕事の汗を流そうと別荘の浴室を無断で使用しているところを伊藤に見つかり、伊藤に犯されてしまう。

後日、その件でありさはその件で、社長に、から尻叩きの折檻を受ける。それからというもの、些細な事にも怯えるようになったありさは、とうとう取り返しのつかない行為をしてしまい…。

[レビュー]

1.自然なストーリ展開

紹介された仕事先でミスを犯し、その弱みにつけ込まれて紹介者や雇い人達に凌辱され、最後は快楽に目覚めるという、よくあるストーリーであるが、それが自然な形で展開されていて、凌辱感が十分に伝わってくる。

2.瀬戸ありさのグラマラスな色白ボディ

瀬戸ありさは、容姿は普通であるが、色白でグラマラスなそそられる体つきをしている。大きめの綺麗な乳房、形のよい尻もエロチックでよい。

3.ヌキどころ

ありさが社長の別荘で無断で入浴しているところを伊藤に見つかり、寝室のベッドの上で伊藤から凌辱を受け、マ○コに指を入れられ、指マンでイカされるシーン。恥辱を受けながらも、快感に悶えるありさの表情、姿態がいやらしい。イクときの身体の波うつさまがエロい。

オフィスの社長室で、前かがみでデスクに手をつかされた姿勢で、パンティを脱がされ、尻をぶたれた後、マ○コを指で散々いじられてイカされるシーン。辱められながら悶えるあすかの表情、姿態がエロくて興奮する。

後日、社長の別荘のソファーのうえで、ありさが社長にパンティを脱がされて指マンされ、その後、全裸にされてチ○ポを挿入されイカされるシーン。快楽に悶えつつ怪しくうごめくありさのグラマラスな色白の身体が非常にエロチックである。

4.おすすめ度<★★★★★>

ストーリー性を十分に備えており、女優の質、演技等も良好であり、凌辱感がうまく表現されていて感情移入もしやすい。傑作である。

無料サンプル動画↓
人妻折檻 瀬戸ありさ
人妻折檻 瀬戸ありさ

熟女のサンプル動画が見放題!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする